MENU
PCサイトを表示
シェアブックス スタッフが送るたわいもない日記
横浜市戸塚区へDVDと本の出張買取に行った。
申し込みの時点で聞いていたのはDVDが100本と本が100冊程との事だったが、いざ行ってみるとDVDと本を合わせて3000点以上あった。
この数の査定になるとかなりの時間がかかってしまう為、一度会社に持ち帰って査定をさせてほしいと伝えると、出来ればこの場でやっててほしいと難色を示された。
しかも3時間で終わらせてほしいと言われたので、その時間では厳しい事を伝えて、時間内でやれるだけやる事にした。
査定の準備を進めていると、依頼主からまずはここの床に置いてある200本程のDVDを査定してほしいと言われたので、それを1時間程で終わらせ査定額を伝えると、さっきとは一転して、会社に持ち帰って後日の入金で構わないと言ってくれた。
どうやら先に査定した200本のDVDが依頼主の希望額をクリアしていたみたいで、合格点を与えられたようだ。
DVDは洋画・邦画・アニメ・音楽系等で片っ端からダンボールに詰めて車に運んでいった。
1FのDVDが終わり次は2Fにある本を全部積み、丁度3時間程で作業が終了した。

数が多いのは問題ないというか、むしろ歓迎なのだが、今回の様に最初の申し込み時の申告より遥かに多い時は困ってしまう。
今回はその後に買取りが入っていなかったから良かったが、もし後が控えていたなら、途中で次の現場へと行く事になっていただろう。
ダンボールの用意もあるし、スケジュール調整の為にもなるべく正確な数を教えてほしいが、以前にもこのブログで書いたように、実際の数よりも少なく申告してくる人の方が圧倒的に多い。
300点位までの誤差なら問題なく対応出来るが、今回は3000の誤差だった。笑
まあ、でも本もDVDも良品だったので、結果的には有難かったのだが。

書く事がないので、先日Amazonプライムで観た【フード・インク】というドキュメンタリー映画の寸評を。
どんな映画かざっくり言うと、ファーストフード業界の大量生産によって、環境・畜産・流通・人体への影響・倫理観等を描いた作品。

大手ファーストフードの工場では鶏を太らせるために魔法の餌を使い、昔の半分のスピードで昔の倍以上に育つようになった鶏たち。
その鶏たちは故意に太らされている為、数歩あるくと自分の体重が重すぎて足が折れてしまい、動けず病気になって息絶えていく。
太陽にあたる事なく薄暗い劣悪な環境の倉庫で、遺伝子組み換えされた餌により大量生産された鶏たちが、生死・健康を問わずに出荷されていき、それを人々が食べているという流れ。
牛・豚は本来は草を食べて育つ動物だが、大手会社の目論見で安価で大量生産出来るコーンを肥料としている為、これによってO-157という病原菌が生まれた。
そのコーンは自然界では虫も食べないような遺伝子組み換えがされており、人体への影響を考えずにビジネスが最優先されているという感じの、大いに食欲をなくす内容で、ある意味ホラーだった。

おそらくある程度の誇張はされていると思うが、食の仕組みの問題提起としては考えさせられる映画だった。
日本でも大量生産を要する工場では多少の似たような感じがあるのではないかなと思った。
まあでも、自給自足の生活をしない限り完全なオーガニック生活は無理だし、もしその環境にあったとしても自分は添加物を摂取する事を選ぶと思うので、こんな裏側は見なくてよかったのかも。
この映画を観たから肉に関しては国産しか買えなくなったかな。
でもやっぱりファーストフードはたまに食べてしまうかな~
時間がない時は、移動中でも車を降りずに買えるから手軽だし、塩・油・砂糖の三点攻めを子供の頃から脳に植え付けられているもんな~
賛否ある映画だと思うけどいろいろと考えさせられたので書いてみました。

本・DVD・ゲーム・CD・漫画等の出張買取はシェアブックスをご利用ください!

2
昭和30年代~50年代のジャンプやサンデー
オークションで高値で売れました


1
これが一番レアでした
新宿で遺品整理の為、出張買取に来てほしいと連絡が来た。
本・DVD・CDが2000点程あるが、申し込む前に確認したい事があるという。
「おそらく売れない物もたくさんあると思いますが全て引き取り希望です。買取り出来なかった商品はどうなるのでしょうか?」
シェアブックスでは買取り出来なかった商品はダンボール1箱分まで引き取り可能だが、それ以上出た買取不可商品の引き取りは行っていない。
その旨を伝えると、電話先の依頼主から遺品整理なので有料でもいいので全て持ち帰ってほしいと強く頼まれた。
本来は有料での引き取りは行っていないが、状況を見て高齢者等の本当に困っている人達がいれば、臨機応変に引き取りに応じる場合もある。
それは無償で引き取る場合もあれば1箱単位で有料になる場合もあるが、あくまでも買取スタッフの状況判断に任せている。と伝えると、「高齢者ではないのですが本当に困っているので、当日お会いしてからご相談させて下さい。無償で引き取りしてほしいとは言いませんので、もし有料で引き取り可能な場合は大体いくらになりますか?」と依頼主
「まず現場を見てみないと分かりませんが、もし有料になる場合は1箱300円で引き取ります」と言うと、依頼主は驚いた口調で「え、そんなに安いんですか?御社に電話する前に他のお店にかけたんですけど、全て引き取りするなら10万円はみて下さいと言われたので、もう少し安く引き取りしてくれるところを探していました」
別の業者が何故そんな金額を設定したのか不可解だったが、それと同時に急に不安になった。
もしかすると何らかの要因で引き取るのが困難な状況かもしれないと思い、
「とりあえず当日現場の状況を見てから判断してもいいですか?もし有料で引き取る事になっても、そんな高額な料金にはなりませんので」と伝えると、依頼主は快く応じてくれた。

当日、状況を確認すると、特に買取り出来ない様な物は見当たらなかった。
むしろ本もDVDも状態が良くて、良品が多い様に見えた。
「これなら全て持ち帰れます」と説明して、作業に入った。
3部屋に分かれて置いてあり、本は専門書が多くて貴重な本も多く見受けられた。
CDもDVDも珍しい物がたくさんあって、想像していたよりも遥かに良品ばかりだった。
2000点程の商品を全て積み込み、査定が終わり次第連絡しますと言うと、「おおよそでいいので、大体いくらぐらい支払えばいいでしょうか?」と依頼主。
僕は慌てて「いやいや、お客様がお支払いする事は一切ございません。逆に結構査定額が付くと思いますよ」と言うと、安心した様子で「有難うございます!」とお礼を言われた。
会社に戻って査定をしていくと、高額商品が多数あってかなりの査定額となった。

この宝の山を今回の依頼者はお金を支払って処分しようとしていた。
そんなやり取りを亡くなった持ち主は、おいおいちょっと待てよと思って見ていたはず。
見る人次第ではゴミにも見えるしお宝にも見える。
電話で10万円かかると言った業者は、話を聞いてあまり利益にならなさそうだなと判断して無理な金額を提示して断ったのだろう。
まあ、依頼主が価値がないと思っていたので、話を聞いて断りたくなる気持ちは分からないでもないが。
今回の買取は正直赤字になるかもしれないと思って行ってみたらお宝だったわけで、他の業者が断ってうちまで回ってきたのはラッキーだった。
最初の電話の段階である程度の情報を聞いてイメージをするのだが、第一声で「おそらく売れそうな物はありませんが」と言われると、殆どの業者が二の足を踏むと思う。
うちも希望日に何も入っていなかったので今回は行く事にしたが、忙しかったら確実に断っていた案件だった。
行ってみないと分からない事もあるなと思った今回の出張買取でした。
いろんな人がいて様々な価値観がある事を念頭に置き、今後の参考にしていきたい。

本・DVD・ゲームの出張買取と宅配買取はシェアブックスをご利用ください!

1
去年の秋に植えたチューリップ
色によって品種が違うのか背丈が不揃いで育った
1月頭に年配の男性から、引越しをするにあたり買取りをお願いしたいので、事前にダンボールを20箱送ってほしいと連絡が来た。
その後も1週間おきぐらいにダンボールの催促がきて、結局合計60箱のダンボールを送った。
しばらくすると準備が出来たとの連絡がきたので、数が多いので会社に持ち帰っての査定を了承してもらい、日時を打ち合わせして買取へ向かった。
一軒家のインターホンを鳴らし依頼人と初対面となったが、思っていたより高齢だったのに驚いた。
年齢は80歳を超えていて、今は愛犬と一緒に暮らしていると話をしてくれた。
よくその歳でインターネットを駆使しうちに辿り着いて連絡してきたなーと感心したが、話してみるとものすごく知的でしっかりとした方で、都会のおじいちゃんという感じだった。
買取品は既に予め送っていたダンボール60箱に梱包されており、玄関に並べて置いてあった。
1人でこれをやったのはさぞかし大変だっただろう。
商品数でいうとDVDが3000本とCDと本が500冊程だ。
搬出作業を行っていると、愛犬のハスキー犬を連れてきてくれた。
お世辞抜きにものすごく凛々しい顔だったので、「イケメンですねー!」と言うと、依頼主は満面の笑顔でとても嬉しそうだった。
玄関に用意してくれていたお陰で、普通なら2.3時間はかかりそうな作業が、わずか30分程で終了した。
帰り際に「思い切ってお宅に電話して頼んで良かったです。ありがとう」とお礼を言われ、まだ他にもあるから是非お願いしたいと言われたので、「こちらこそ是非お願いします!」と挨拶をして、帰路に就いた。
5日程で査定を終えて連絡すると、すごく喜んでもらえて、もう一度来てほしいと言われたので、翌週に再訪した。
前回同様に玄関には本とDVDと雑貨類が山の様に置いてあった。それでもまだ出し切れておれずにあとこの2.3倍はあると言う。
それらを2週間に一度のペース位で買取りしていくという事で話が纏まった。
結局この依頼主宅に3ヶ月で5回行き、本・DVD・CD・フィギュア・玩具等を合計一万点以上の買取をした。
買取した物の中には貴重な品も多数あって、砲台の模型やフィギュア等珍しい物も買取する事が出来た。
依頼主は砲台マニアらしく、砲台関係の本・DVD・フィギュア・模型等が多数あった。
長年この仕事をやってきたが、砲台コレクターの人は初めてだった。
模型やフィギュアの枠には入らないような、もはや骨董品レベルの物まであった。
依頼主とも愛犬ともかなり仲良くなって、お客と業者の関係にしては親密な繋がりにまで達していたと思う。
愛犬のハスキーとは行く度に庭で遊んでいたので、僕達が行くと走って寄ってきてじゃれてくる。どうやら友達と思ってるらしい。
最後の買取りを終えると、「引越し先も近所なので近くに来たら寄って下さい。」と新住所が書かれた名刺を渡された。近所に行ったら本当に寄って挨拶をしに行こうと思っている。
地方出身の僕からしてみると、東京は地方よりも近所付き合いだとかあまり知らない人との接し方が希薄だと感じていたが、今回良い関係が築けたのは単純に嬉しかった。

この仕事をしているおかげで、普段は絶対交わらない様な人達とも話をしたりする。
最初は気まずい空気でも時間が経てば大体の人は気さくに話をしてくれる。
玄関先とはいえ知らない人を家にあげるわけだから、それは最初は警戒するだろう。
僕達業者はなるべく相手が安心できるように、コミュニケーションを取るのも重要だなと再認識しました。

本・ゲーム・DVD・漫画等の出張買取と宅配買取は是非シェアブックスへお売りください!

1


2
PCサイトを表示
電話 0120-316-314(フリーダイヤル)
電話受付:年中無休 [ 10:00 - 19:00 ]
通信中です...しばらくお待ち下さい