MENU
PCサイトを表示
シェアブックス スタッフが送るたわいもない日記
【ノモレ】国分 拓(著)を読んだ。

「これは神話ではない。伝説でもない。森のずっと奥。一つの集落が語り継いできた、別れの記憶だ。」
という冒頭の書き出しから始まるこの本は、アマゾン奥地で未だ文明と接触していない少数民族「イゾラド」について描くノンフィクション作品。
イゾラドとは文明社会と未接触の先住民を言い表す総称であり、アマゾンの密林に住む未文明の隔絶された人々のことを指す。
アマゾン源流域にいるイゾラドは部族名や言語はもちろんで、現在何人いるかも把握出来ていない。

100年以上前、南米アマゾンの奥深い森に、黒い黄金と呼ばれていた「ゴム」を求めて、ヨーロッパ等から貴族やならず者達が入り乱れて殺到したという。
採れば採るほど莫大な利益になるゴムの木がある一帯に、白人達は勝手に建物を建て、自分達の「農園」だと主張した。
現地の森と川に生きる「イネ族」という先住民達を銃で脅し、耐え難い重労働を課し、奴隷として扱った。
1902年のことだ。そんな悲惨な日常に嫌気がさしたイネ族の男5人が、主である白人を殺害し、奴隷小屋から仲間を救い出して森へと逃げた。
すぐに用心棒達が後を追ってきたが、深い森を昼夜問わず何日も歩き続け、農園を脱走してから半年後にようやく故郷に戻る事が出来た。
だが、森を逃げきる事が出来たのは全員ではなかった。
追手が近くまで迫ってきているのが分かり、全滅を避けるために二手に分かれて逃げたが、その森で別れた者達は二度と会う事はなかった。
年月が経ち、故郷に逃げ戻ってくる事が出来た者達に、この世を去る日が近づいてきた。
去りゆく者は子孫を集めて、こう言った。
『森で別れたノモレ(仲間)に会いたい。息子達よノモレ(友)を探してくれ。』
人知れぬ密林の中で、別れの記憶と再会の願いが静かに語り継がれていった。
そして、100年の時が過ぎた。

イネ族の若きリーダーである「ロメウ」は農園から逃げ延びた末裔にあたる。
父の代までイゾラドであったが、ロメウ自身は学位を持ち、スペイン語も話し、現在のイネ族は文明化された一族である。
そんなロメウの集落は秘境と呼ばれるアマゾンにあって最も奥地にある集落だが、ある日を境に森林伐採等で奥深く追いやられた部族名も言語も分からないイゾラド達の目撃情報がロメウの周りに相次ぎ報告された。
その謎の部族イゾラドが、村の人々を襲う事例が頻発し、ペルー政府からイゾラドと移住地が近いイネ族のロメウの元に応援要請が届いた。

ロメウはイゾラドの出現情報のある上流の地へと足を運んだ。
未開拓のその地に政府が監視のために建てた質素な小屋を前線基地とし、そこから毎日双眼鏡を使って対岸の監視と、ボートを使ってのパトロールを行うこととなった。
イネ族の常駐員が2名おり、ロメウは白人の人類学者と交代で責任者を務めながら監視していく。
そんなある日、突然彼らが対岸に現れた。
ロメウは古いイネ族の言語で「ノモレ!(仲間)ノモレ!(友)」と叫びながら接触を試みる。
現れたイゾラドの一人の女がジャガーに噛まれて怪我をしており、その治療をしたのがきっかけで、文明社会を知らない彼らとの交流が始まった。
バナナを渡すことによって敵でないことを伝え、本格的な接触が始まり、毎日彼らとコミュニケーションを取っていくにつれ、100年前に森で生き別れ、脈々と語り継がれ伝承されてきたノモレだという思いを強めていく。
その様に考えるようになったのは、彼らの話す言葉が昔のイネ族の言葉に似ている事と、その辺りの植生作物ではないバナナを知っている事。
その昔白人達は農園でバナナの栽培を行っていたと言われ、先祖達が逃げ出す時にそのバナナの種をポケットに入れて逃げ出したと言われている。
もう一つは、文明社会と接触がない彼らは、我々が持つ感染症や病原菌への免疫を持っておらず、普通なら文明人と接触すると一瞬にして病気になるはずだが、ロメウと接触してもその兆候が見受けられない。
これはお互いの先祖達が既に接触していた事を意味するのではないかと推測される。

現れたイゾラドとロメオは会う度に徐々に距離を近づけ、家族の話をし、ニックネームで呼び合うまでの信頼関係で結ばれていった。
だがある日、ロメオとイゾラド達がいつものように川辺で触れ合っている所に、突然けたたましいエンジン音の船が現れ、サングラスをかけた欧米の観光客がイゾラドの家族に向かい、スマートフォンで撮影を始めた。
イゾラド達は鬼の形相となり、船に対して石を投げて威嚇しようとするがロメオが諫め、観光船が去るのを待った。
何とも言えない空虚な時間が流れ、結局その出来事をきっかけに二度と彼らが現れる事はなかった。。

と、ざっとストーリーを書いたが、この本は衝撃的だった。
このデジタル化された現代にまだこんな未開の人達がいたのかと。
初めて接触した時にロメオ達が持っていた人工的なガラスの小瓶を見て、その初めて見る物質を不思議そうにずっと見つめていたという。
言葉が通じず、法律も関係なく、文明側との共通認識を持ち合わせていない彼らは、時に凶暴で、とても用心深い。
時に文明化された村を襲って食料を奪い、はっきりとした理由もなく人を殺す。
また、時に文明社会から持ち込まれた病原菌で一族は全滅し、銃を持った不法な侵略者に住んでいた場所を奪われ、殺される。
文明人にとっては軽い風邪やインフルエンザであっても彼らにとっては致死的なものになりうる。
彼らの命の軽さに胸が締め付けられ、とても切ない話しだった。
観光を外貨収入の柱としているペルー政府は、森林伐採・道路建設・動植物の採取も行う為、どうしてもイゾラド達を文明化させたいのだろう。
幸せの軸をどこに置くかで、いろんな見方が出来る内容の本だなと思った。
興味がある方は是非一読を。

1
Invent & Wander - ジェフ・ベゾスを読んだ。

ジェフベゾスは皆さんご存じ、Amazonの創業者で世界一の大富豪だ。
今までもベゾスの本は何冊か読んできたが、去年末に出た一番最新の本の感想を。

まずはざっとジェフベゾスの経歴を。
1964年にニューメキシコ州で生まれたベゾスは、小学校の頃から科学や工学に興味を持ち、弟が勝手に部屋に入らないよう、電動の警報機を独自で作り上げたりしていた。
高校時代はマクドナルドでバイトをしていたが、ただバイトをしていたのではなく、自動調理システムの研究や分析を行っていたという。
1982年に卒業生総代を務め、優秀な生徒に贈られる、ナショナル・メリット・スカラーシップとシルバー・ナイト賞を獲得している。
大学は超名門のプリンストン大学に入り、電気工学と計算機科学で学位を取得した。
最初は物理学者になる事を目指していたが、自分が解けなかった量子力学の偏微分方程式の難問題を、優秀なクラスメイトがあっさりと暗算で解いた時に、自分は向いてないと目指していた道をすぱっと諦め、直ちに電気工学とコンピュータサイエンスに専攻を変えたという。
その後、アメリカの大学生最大の栄誉となる賞等を総なめにしたベゾスは、映画の主人公のようなエリート街道を送っている。
1986年に大学を卒業し、インテル等の複数の超大手企業からスカウトされるも全ての誘いを断り、金融業界に身を投じる。
1990年にヘッジファンドに転職してからは、僅か2年で副社長まで上り詰めたが、その頃急速に普及しつつあるインターネットに、物販での可能性を確信し、1993年の後半にオンライン書店を始め、1994年1月に自宅のガレージでAmazonを起業した。

part1はベゾスが株主宛に毎年送った手紙が掲載されている。
ベゾスには創業時から一貫して変わらない信念があり、頭の中が明快に整理されていて読んでいて本当に優秀な人物だなーと感じた。
1997年に株主に宛てた【長期がすべて】は、なるほど勉強になると思ったし、その後の手紙の内容も先見の明が凄すぎて恐怖すら覚えた。
重大な意思決定を行う時は、頭ではなく心に従って決定を行い、80歳になった時に振り返って後悔の数が少ないと思う方を選ぶのがベゾス流らしい。

ビジネスに関しては、変わるものではなく、10年後でも変わらないものを軸として考えるという発想も凄いなと思った。
僕自身もそうだが、大抵の人は未来を意識し数年後にどうなっているかを予測して物事を考えていると思う。
だがベゾスは「10年経っても変わらないものの方に僕は興味がある」と言い切る。
Amazonのビジネスを例にすると、価格・スピード・品揃え・信頼は何年経っても顧客が求めているものは変わるはずがないから、そこを根幹にビジネスを展開していって成功を収めている。

この本を読んで1番感じたことは、ベゾスが超絶頭がいいのは勿論のことで、とにかく長期思考というのがもの凄くよく分かった。
投資をしている人には分かると思うが、短期投資で利益を上げている人はどのくらいいるだろうか?
個人的には投資の世界でも長期投資に勝るものはないと思っている。         

今回この本の中で一番面白いと思ったのは、part2にある【宇宙を目指す目的】という宇宙に関しての章だった。
ベゾスは2000年にブルーオリジンという航空宇宙企業を設立している。
高校生の頃に「地球は有限だから、世界経済と人口が拡大し続けるには、宇宙に行くしかない」と綴ったらしく、その考えは今でも変わらないという。
太陽系で最高の惑星が地球なのは明白で、火星や金星等の他の惑星とは比べようもなく、宇宙に行くのはこの地球を守るのが目的だという。
地球は様々な問題を抱えているが、中でもエネルギーの問題は最重要課題である。
文明が反映すればする程、そのうち地球からエネルギーが枯渇するということが、きわめて根本的な長期課題だという。
いつかは必ず枯渇するエネルギー問題は単純な算数らしく、人類は莫大なエネルギーを日々使用している為、グローバルなエネルギー使用量は毎年3%伸びていて、人間のエネルギー消費量は25年ごとに倍になる。
文明が停滞してはいけないが、このままでは地球の結果は目に見えている。
ではどうすればいいのかというと、ひとつは言うまでもなくエネルギー効率を上げること。
しかし人類は常にエネルギー効率の問題に取り組み続けてきており、例えば蝋燭が灯油ランプになり、白熱灯からLEDへと変わってエネルギー効率を大幅に上昇させてきた。
飛行機は50年前では一人の乗客がアメリカを横断するのに109ガロンの燃料がかかったが、今では最新機だと24ガロンしかかからない。
コンピューターは15件の計算を処理するのにかかってたエネルギーは1キロワット秒だったが、最新のプロセッサなら同じエネルギーで17兆回の計算を処理出来るようになった。
さて、上記のように効率が大幅に上昇した結果、どうなっただろうか?
生活は便利になり格段に快適になったが、人間はさらなるエネルギーを消費するようになった。
そう、いくらエネルギー効率を上げても、人間はもっと多くのエネルギーを使い続ける皮肉な生き物なのだ。

資源は有限なので、需要がさらに高まれば配給制にするしかなくなり、今のままではその方向に向かうほかなく、孫の代では歴史上で初めて生活の質が低下してしまう恐れがある。
だが地球を出れば太陽系には実際に使える資源が豊富に存在していて、人々は選択する事が出来る。
「停滞と配給」か、それとも「活気と成長」かだが、人類が何を望むかは明白だ。
では人が太陽系に進出するにあたって最適な場所は惑星の表面かというと、答えはノーらしい。
いろんなSF映画を見渡しても、人類が宇宙へ移住するといったら、どこかの惑星へ移住するというのが、誰しもが思い浮かべる事だろう。
だがこの本に書いてあるのは、惑星への移住は距離や重力の問題で現実的ではなく、それよりも回転による遠心力を使って疑似重力を発生させる人工的なスペースコロニーが最適だという。
このコロニーは1基につき数百万人が居住出来る巨大建造物で、重力や気候を自在にコントロール出来て、想像を超越した快適な生活を送る事が出来る。
コロニーの内部には高速移動手段が備えられ、農業区域や都市等の様々なコロニーがあり、遊び専用のコロニーでは重力を0にして飛び回ることも可能だし、国立公園も作ることが出来る。
気候も思いのままで、雨、嵐、地震もなく、マウイ島のような最高の気候を自在に堪能する事が出来る。
雨風をしのぐ必要がなければ、建物の構造の概念も変わり、コロニーは美しいものになる事は確実だ。
しかも地球から近い場所に作れば、すぐに地球に戻る事も出来る。
人は必ず地球に戻りたいと思うはずだから、地球との往来が楽に出来るというのは重要な事。
地球は制限居住地区となり、地球に害をもたらす行為は全て地球外で行われるようになる。
そうすれば、この宝石のような奇跡の惑星を保護する事が出来ると、ベゾスは断言している。
では誰がこの仕事をやるのかというと、それはベゾスではなく現在学校に通っている子供達とその子供や孫が実現する事になる。
Amazonを創業した時は、既に先人たちが、物流・決済システム・通信網・コンピューター等のインフラを築いてくれていたので成功する事が出来たが、宇宙開発のインフラは今現在では整っていない。
次世代の起業家がコロニーを作れるように、インフラを整えておく事がベゾスを宇宙へと駆り立てる最大の要因だ。

もう一つ解決しないといけないのは、それらを実行するには宇宙にある資源を使う必要があり、それに持ってこいの天体が『月』らしい。
何故月が良いのかという理由はいくつかあるみたいだが、まず月には水という大変貴重な資源が氷として眠っている事。
もう一つは地球に近く、現在では3日で行けるという事。
アメリカは2024年までに宇宙飛行士を月に送り込むと、トランプ政権時代に公約で掲げている。
月の資源を利用して、宇宙開発インフラを整える足掛かりとしたいところだが、もちろん月にもインフラが必要でまずはそこからのようだ。
とてつもない規模の話だが、このAmazonの創業者は人類の子孫の為に、本気で宇宙開発のインフラを構築しようとしている。
なんという長期思考だろうか。ベゾスのこの思考を理解した時には「いやー凄い!まじで天才」と思わず声が出た。
ベゾスが何故宇宙を目指すのかが、この本を読んでよく分かったので面白かった。
この章の最後にはこう綴られている。

【私たちの孫や、さらにその孫の世代のために、活気ある未来を目指さなければなりません。停滞と配給の世界に子供たちを向かわせるわけにはいきません。
宇宙への道を切り開き、将来の世代がその創造性を羽ばたかせられるようにするのは、私たちの世代の仕事です。
それができて、未来の宇宙起業家のためのインフラが整えば、私が1994年にアマゾンを立ち上げたときのように、驚くべきことが起こります。それもすごいスピードで。それは確実です。
環境が整えば、人々は思い切り創造性を開花させることができます。私たちの世代が宇宙への道を開き、インフラを築けば、大勢の未来の起業家が本物の宇宙産業を創造するでしょう。
私は彼らをその気にさせたいのです。大きすぎる夢に聞こえるかもしれませんし、実際、これは大きな夢です。いずれも簡単ではありません。何もかも難しい事ですが、人々の心に火をつけたいのです。ぜひ考えてみてください。
大きなことも小さく始まる、ということを。】原文ママ

大金持ちが、また道楽で宇宙旅行に行ってるよと、浅はかな考えで生きていた自分をもの凄く反省しました。。

1
友人がコロナで死んだ。
こんなところに書くべき内容ではないかもしれないが、SNSを何もやっていない僕は彼の生きた証をどこかに残したい。
複雑な家庭環境で生まれ育ち、孤独に死んでいった彼の為に、ここに記したい。

彼は去年に癌を患っていたが、抗がん剤とレーザー治療を無事に終えて経過も良好だと聞いていた。
今年の正月に実際会った時は、以前の元気を取り戻したようにも見えて少し安心していた。
「コロナにかかったみたい」と連絡があった時も、笑いながらで、僕も冗談を言って茶化す程だった。
しかしそれから数日たった最後の電話での彼は苦しそうだった。
「肺が痛く、救急車を呼んだけど病院に連れていってもらえなかった」と彼は言っていた。
病床がひっ迫していたのか、それとも他に問題があったのかは分からない。
その電話でまさか彼が死に直面しているなんて思ってもいなかったし、東京と大阪で離れていて何もしてあげる事は出来なかった。
その後、彼と連絡が取れなくなっていて心配していたが、オミクロンは重症化しないという勝手な先入観を持っていた僕は、病院に行って入院でもしてるのかなと思っていた。
しかしその後も数日間連絡が取れなく、胸騒ぎがしていた矢先に彼が亡くなったと一報が入った。
結局病院には行けてなく部屋で絶命していたらしい。
まだ45歳の若さだったが、癌の治療明けで免疫が落ちていたのだと思う。
彼が愛していた女性が、片付けの為に部屋に入って写真を送ってくれた。
部屋の状況から最後はもがき苦しんでいたのが明白だった。
後日遺品整理の為、車で大阪へ向かい、片づけをして、粗大ごみと遺品をハイエースに詰め込んで持ち帰った。
遺品を見ると胸が痛くなり、行きも帰りも車の運転をしている間はずっと彼の事を考えていた。

高校で出会い、すぐに意気投合した僕たちはずっと一緒に遊んでいた。
若かった僕たちは一緒に悪い事をする度に仲を深めていった。
そんな彼が二十歳そこらでアジアに1人旅へ出かけた。
帰ってきて旅の話を夢中に聞いてる僕に、「すぐにでも一緒に行こう」と、それまで狭い環境でしか生きていなかった僕を広い海外の世界へと連れ出してくれた。
それが人生の転機だった。

日本でバイトをしてお金を貯めて、そのお金が無くなるまでアジアを周るという奇行を定職にも就かず二十歳から3.4年、繰り返し続けた。
タイの北部地方でお金が尽き、勝手に自分たちの持ち物を路上に並べ、原住民に売りつけて小銭を稼ぎ、二人で野宿をしながらバンコクを目指した。
到着したバンコクで、日本の友人に頼み込んで送金してもらったお金を、彼はまたすぐに使い込んでしまうような男だった。

タイの南の島ではビーチパーティーに夜な夜な出かけ、朝まで踊り続けて疲れきった僕達は砂浜で朝日を見ながら、よくこれからの人生について語り合った。
今でも鮮明に覚えているが、彼は「こんな経験を死ぬまでにあと何回出来ると思う?」と聞いてきた。
僕は「その気になれば何度でも出来るよ」と答えたが、今までの人生であれ以上の解放感と幸福感を経験した事はないし、おそらくこれからもないだろう。

ネパールのポカラで、人だかりが出来ていたので何事かと見に行くと、彼がテンプー(小型オート三輪)の運転手と大揉めしていた。
僕は急いで止めに入ると、相手の運転手の家族も止めに入り何とか収まった。その数分後には何故か彼と運転手は肩を組みあうほど仲良くなっていて、気づいたら運転手の家に行く流れになり、その日は親戚一同を集めて大宴会となった。

ヒマラヤの麓にある、もの凄く広い湖でボートを借りて、静寂の湖の真ん中で音楽をかけながらプカプカと浮き、次はどこの国にどのルートで行くかを地図を開いて何時間も話し合った。

バングラディッシュのジア国際空港(現シャージャラル国際空港)の職員が、「お前の友達を何とかしろ」と困惑の表情で僕に迫ってきたので、何だろうと思い職員に付いていくと、イミグレーションの荷物を置く台の上でいびきをかいて寝ていた。

タイの野良犬は彼とすれ違うたびに、うねり声を出し威嚇してきた。
聖なる牛と言われ普段はおとなしいインドの水牛が、彼が近づいたらびっくりするくらい興奮して暴れだし、周りにいたインド人にお前は悪魔だと罵られ、彼は逆上し一触即発の空気となった。

インドのジャイプール(ピンクシティ)から西に向かい砂漠の入り口のホテルに泊まり、最高に眺望の良いテラスで、砂丘の向こうから朝日が昇るのを見ながら朝食を食べたのを昨日の事のように覚えている。
その時彼はBGMでクラシックをかけていた。二十歳そこらの僕にはその光景と彼の音楽のチョイスが衝撃的だったが、彼はそのような事を普通にやる男だった。僕はそれからクラシックを聴くようになった。

これらの思い出はごく一部で、本当にいろんな事を2人で経験した。
何事にも物おじせず、好奇心の塊の彼と一緒に旅をしたおかげで、様々なシーンで普通の人達なら入り込むことがない、深くディープな世界を経験する事が出来た。
自分で言うのも何だが、それらの経験をきっかけに自分の能力が開花した。
自分に自信がつき、それからはあらゆる事を積極的に挑戦した。それで今がある。
僕は彼に影響された部分が多大にある。
そんな人生のピークの時間を共にした彼が死んだ。
当時の思い出を肌で体感し、ずっと一緒に共有していた唯一の友達が死んだ。

彼を煙たがる人達もたくさんいた。
でもそれは仕方ない。
彼は自分本位で行動し、人の事なんて二の次だったし、トラブルメーカーだった。
他人に迷惑はかけていなかったが、法に触れる事をして刑務所にも入っていた。
でもピュアなだけであって、本質は悪ではないのを僕は知っていた。
だから彼が刑務所に入り、皆が離れていっても僕はずっと友達でいた。
芯の部分は純粋で優しい男だと知っていたから。
その時にやり取りをしていた手紙を読み返していると、涙が溢れてくる。

15年前に僕が今の仕事を起業すると公言した時に、多くの人は冷ややかな反応だったが、彼は「絶対大丈夫。必ずうまくいく」と背中を押してくれた。
晩年は南の島ででのんびり暮らそうと、40歳を過ぎてからもお互い言い合っていた。
頭にくる事も多々あったし、喧嘩もたくさんしたが、僕の得意な事、不得意な事、強いところ、弱いところ、全てを受け入れてくれ、自分の全てをさらけ出せる唯一の友人だった。

最後の会話で優しい言葉をかけてあげる事が出来なかったどころか、軽くあしらってしまった。
後悔しても、もう彼はいない。
親友がなんなのかは僕には分からない。
ただ、とても深い所で繋がっていた友人が死んだ。

彼がいなくなってから2ヶ月が経過しようとしている今でも、僕の心の中には靄がかかっており、あまり気力が湧いてこない。
いなくなった時の事なんて考えた事がなかったから、あまりの喪失感に自分でもびっくりしている。
時間が解決してくれるのだろうか。
もしそうだとしても、まだ少し時間はかかりそうだ。
普段はオカルト系は信じないが、最近は家で変な物音とかがしたりすると、あれ?とか思ってしまう。

LINEのやり取りを見返してみると、今年の1月の彼の誕生日に僕は「また一歩死に近づいたね」と、僕と彼が長年続けてきた、いつものブラックジョークのやり取りが残されていた。
今どういう状態でどこにいるのか分からないが、安らかに眠ってほしい。
そして、恥ずかしいから僕の事は見守らないでほしい。
楽しかったね。ありがとう。

masa


masa
PCサイトを表示
電話 0120-316-314(フリーダイヤル)
電話受付:年中無休 [ 10:00 - 19:00 ]
通信中です...しばらくお待ち下さい